産後のホルモンバランスの乱れによる肌荒れに悩んだ私が試した5つの方法と効果

産後のホルモンバランスの乱れによる肌荒れに悩んだ私が試した5つの方法と効果

産後のホルモンバランスの乱れによって肌荒れに悩まされている人いませんか?妊娠中や授乳中は驚くくらい肌が綺麗だったのに、授乳が終わったり、産後の生理が始まるのと同時に肌荒れがひどくなる。

ホルモンバランスの乱れという原因は分かっているのに、どうしたらいいのだろう?私も、産後のホルモンバランスの乱れで肌荒れに悩まされている一人です。今、試行錯誤しながら何か良い方法はないかと模索中です。

そこで今回の記事では、産後のホルモンバランスの乱れによる肌荒れ対策の方法と効果について、私の今まさに現在進行中の経験をもとにお話していきたいと思います。

産後のホルモンバランス

妊娠中や授乳中は肌荒れに悩むことなく過ごしてきた私。それが産後、授乳が終わり、生理が始まったと同時に肌荒れに悩む日々。どうしてこうなってしまったのだろう?その原因がホルモンバランスの乱れ。

妊娠中や授乳中は子供を育てる為に母乳を出したり体が妊娠モードになったりと、色々体や心の変化がありますよね。その時に大量に出るのがエストロゲンという女性ホルモン。

このエストロゲンが肌を美肌へと導きます。妊娠すると、途端にエストロゲンが増えはじめます。出産して子宮が元に戻り、体は妊娠前に戻りますが、今度は授乳をする為に母乳を出すよう体が仕向けます。

その時にもホルモンは出たまま。つまり、授乳が終わるまではずっと女性ホルモンの分泌が高いままなのです。それが授乳が終わると体は完全に妊娠前に戻ります。この時に女性ホルモンも妊娠前に戻るので、急激に減っていきます。

そのせいで肌荒れに悩まされたり、生理不順に悩まされたりと、色々な女性ならではの悩みが出て行くのです。でも、これは仕方のない事なんですよね。妊娠と授乳期間を合わせると約2年間は女性ホルモンが高いまま。

それが急に戻るとなると体もびっくりしてしまいますよね。なので、肌荒れや生理不順などはなってしまうものなんです。問題は、いかに早くホルモンバランスを元通りに戻すか。これに限ります。これは日々の日常で改善されるそうですよ。

ホルモンバランスを整えて肌荒れを治す方法5選

では、どうやって治すのでしょうか?私が今実際に実践していることをご紹介していきたいと思います。

1. 漢方を服用してみる

まず、私がはじめに実践したのが漢方。漢方は体質改善にもおすすめと言われ、先生の診断の下、服用しています。自分に必要なものを先生が選んでくださるので、個人的にはお医者様にかかられた方がいいと思います。

私はニキビと赤ら顔が気になっていたのですが、その悩みに合う漢方を服用してからは、赤ら顔は落ち着いてきたように思います。

まずはお手軽に漢茶から始めたいという方はこちら。
薬日本堂オンラインショップ
漢茶とは、1969年創業の漢方専門店・薬日本堂が、和漢植物と西洋ハーブから素材を選び抜き、おいしさと健康を実現した10種類のこだわりブレンドハーブティーシリーズです。和漢植物だけに味が独特で、中にはクセのある味と感じる方もいると思いますが、日常生活に気軽に和漢素材を取り入れてみたい方や、日々の健康と美を意識したい方にはオススメです。
漢方で健康ライフ【薬日本堂オンラインショップ】

2. 基礎化粧品を変えてみる

妊娠中と授乳期は調子良かったのに産後は肌荒れがひどい。もしかしたら基礎化粧品が原因かも。妊娠中と出産後とで肌質がガラッと変わる人もいますよね。

なので、もしかしたら肌質が変わっているのかもしれません。もし、新しい化粧品を試すようなら生理が終わった後すぐに試してみてくださいね。1番肌がイキイキしている時なので、より正確に自分に合っているのか判断出来ると思います。

もし敏感肌に悩んでいるようでしたら、こちらも薬日本堂さんが東洋の健康思想に基づいて開発した敏感肌ケアラインがオススメです。
nuローション
敏感肌にやさしく潤いを与えてくれる和漢植物エキスが配合されたクレンジング、化粧水、乳液クリームが揃っていますよ。
【薬日本堂】無添加化粧品

3. 早寝早起き

お子さんがいる人は早起きだと思いますが、ついつい子供が寝てから「ようやく自分の時間」と、ホッと一息ついてしまいますよね。例えば録画してあるドラマを見るなど、子供が寝ている時じゃないと出来ない事をしようと思い、ついつい夜更ししてしまったり。

ですが、夜更しは肌荒れのもと。肌荒れに悩んでる人は出来る限り早めの就寝がおすすめ。遅くても22時には眠れると肌再生に必要なホルモンが沢山分泌されるんだそう。

4. アルコール、タバコを控える

授乳が終わってやっとお酒解禁!と思って、ついつい飲み過ぎてしまうことありませんか?アルコールやタバコも肌荒れのもと。また、アルコールは赤ら顔を強めてしまうそうなので、赤ら顔で困っている人も控えた方が良さそうですね。

ですが、全く飲まないとか、我慢するというのもストレスになってしまうと思います。何事も過度は厳禁ですが、ストレスを溜めない程度に適度に楽しんでくださいね。

5. 皮膚科医に相談する

もう、何をどうやってもどうにもならない。むしろひどくなっていく一方。そんな人は思い切って皮膚科にかかられてみてはいかがでしょうか?

私も中々肌荒れが良くならず、それがかえってストレスになってしまったので、皮膚科医の先生に相談してみました。やはり、産後ホルモンバランスが乱れて肌荒れが起こることはよくあるそうです。

私はビタミン剤、抗生物質、塗り薬を頂いてきました。段々と改善されてきているので、相談して良かったなと思います。

さいごに

産後のホルモンバランスが整ってくるのは生理が始まって大体半年くらいで落ち着いてくるそうです。どうしても乱れてしまうものなら、なるべく早く元に戻したいですよね。

規則正しい生活を心がけて、なるべくストレスを溜めないようにリラックスできる時間を見つける。そして時には自分の体を知る為にも、お医者さんに相談する事も大切です。子供がいると自分の事が後回しになってしまいますが、お母さんは体が資本。

リラックス出来る時間を少しでも作ってみて下さいね。私も産後生理開始3ヶ月が経ちますが、一時期よりは落ち着いてきたように思います。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

8 − 1 =