先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

妊娠高血圧症候群の入院中や産後の食事など 血圧も記録した体験記

妊娠高血圧症候群の入院中や産後の食事など 血圧も記録した体験記

私は35週に入った時の妊婦検診の結果から、妊娠高血圧症候群(以前の名称は「妊娠中毒症」)と診断されました。子宮頚管無力症に伴う切迫早産で長期入院していたため、まさか入院していながら妊婦高血圧症候群と診断されるとは思いませんでした。その時のことを振り返りながら、当時から現在までの経過をお伝えしたいしたいと思います。

【スポンサードリンク】

妊娠高血圧症候群と診断された時の血圧や体重

35週にようやく入ったときのこと。70日間の長い長い入院生活。36週で退院の話が出ていました。ようやくつらい入院生活から解放されると気持ちがだいぶ軽くなってきた矢先のことです。

体重増加は、妊娠前に比べると8キロ増加、ちょうど上限の値。1週間で3キロも増加。血圧を計ってもらうと上が153、下が90。今まで経験したことのない高さに驚きました。

尿検査で、尿たんぱくが出ていることなど、総合的にみて、妊娠高血圧症候群と診断が下りました。退院に向けて、2つの点滴が1つに。とても身軽になり、35週まで妊娠を継続出来ると思って居なかったので、沐浴指導、出産に向けてDVDを観たり、ようやくここまでこれたという喜びだけでしたが、「まさか…高血圧になるなんて…」ため息しか出ませんでした。

妊娠高血圧症候群の食事は?

診断後は、当たり前のことですが差し入れ等のお菓子や甘いもの間食は禁止。1日に3回、血圧測定をすることになります。また、上が150超えた場合は、血圧を下げる薬を服用することになりました。ずっと150前後をふらふらと行ったりきたりでした。入院しているので、栄養に関してずっと管理されています。「楽しみと言ったら食事の時間」と入院していた人達よく話をしていたのを覚えています。

診断が下ると食事指導が入ります。食事が減塩メニューに変わりました。元々、薄味が好きだったので減塩は苦になりませんでした。夜の食事のお味噌がなくなるくらいで後は、普通の食事と変わりありませんでした。3時におやつが毎日でますが、おやつも変わらずに食べることが出来ました。

妊娠高血圧症候群に兆候はある?

ひどい浮腫などもなく、切迫早産以外は、とても順調でした。34週に入った頃、右脚の甲と指だけ浮腫んでいるのに気がつきました。満期に近いためお腹もかなり大きかったので、リンパの流れが悪くなって浮腫が起こりやすくなるためだと考えていました。

右側の足先だけなのでさほど気に止めませんでしたが、心配ではあったので助産師さんに相談してみました。「次の検診まで様子をみましょう。」との回答。あとは、「体重の増加には気を付けて」と。先週からどのくらい体重が増えたか気になったので計ってみると、500g。このまま維持できれば大丈夫な値です。

しかし、長期入院だったのでストレスがとても大きく、夕食後に母が新鮮なフルーツを少し届けてくれてそれを食べるのが楽しみでした。33週を過ぎた頃から、安心感から気持ちが緩んできていたなと今振り返ると思います。

大部屋で和気あいあいとしていたので、差し入れもあったり、みんなで話をしながらお菓子を食べることもあったりました。大きなストレスと糖分の取りすぎが原因だったかもと今振り返ると思います。

【スポンサードリンク】

出産前後の状態

血圧など異常がなければ、通常は生理食塩水だけの点滴になりますが、私の場合は、陣痛の間もずっとマグセントの点滴をしたままでした。
生理食塩水の点滴もするので、気がつくと両腕が点滴だらけ。

血圧も急に高くなったりすることもなく無事出産することが出来ましたが、子宮の収縮が悪く、出血量が多くなりました。貧血が心配されたため、ストレッチャーで病室に戻りました。翌朝、ひどい貧血で起き上がることが出来ません。出産を終えたら、血圧が戻るだろうと思い込んでいたのですが上の血圧は130、下の血圧は90あり血圧は高いままで、産後も退院まで、血圧下げる薬を服用していました。

退院後の様子

退院が決まると、助産師さんから1日に3回、産後1ヶ月血圧を計るように血圧を記入するように指示されました。150以上になった際には、薬を服用し、170を超える場合は、病院に連絡が必要とのことでした。

早産になってしまったため、娘はGCUに1ヶ月近く居たのですが、GCUに居てくれる間は、同じ時間に血圧を計ることが出来ましたが、娘が退院してからは、娘のペースに合わせなければならないので同じ時間に計るのが大変でした。

日にちが経つに連れて上の血圧は落ち着いて着ましたが、下の血圧が90近くある日が多く安定しません。1ヶ月検診で、用紙をみてもらうと「下の血圧が高いのが心配。続くようであれば、診察と高血圧の治療が必要になる」と言われました。

まさか、出産してからも高血圧が長引くとは思ってもみません。このまま、血圧が戻らなかったらどうしようという不安がありました。しばらくの間1日に1回は、血圧を計るようにしていました。通院が必要になると思っていたのですが、徐々に血圧が正常値に戻って行きました。

妊娠高血圧症候群の原因は不明

体調が良くないときなど、血圧を定期的に計るようにしています。血圧は以前と同じ値の110/70と安定しています。血圧が戻ってくれたので本当に安心しました。

早産になってしまったのも、妊娠高血圧症候群が原因の1つではないのか高血圧にならなければ、37週以降に出産が出来たのではと後悔してしまうこともあります。私自身が妊娠高血圧症候群になってしまった原因は分かりません。

さいごに

妊娠の際の高血圧は、原因がまだはっきりと分かっていませんが、重度になると妊娠の継続が難しくなってしまいます。塩分・糖分を控え、得に妊娠後期は体重が増えやすくなるので体重をコントロールする努力をすることの重要性を感じています。

私と同じような状況にある方にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

two × 4 =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング