高齢出産のリスクとは?初産だとダウン症の確率も高い?

高齢出産のリスクとは?初産だとダウン症の確率も高い?

高齢出産、それが特に初産の場合には、生まれてくる赤ちゃんがダウン症になる確率が高いなどの話をよく耳にしたりしますし、それ以外にも様々なリスクやマイナスのイメージがつきまといます。タイムリミットがあるんだから、急いだほうがいいと周りからせかされたり…。そんな経験はありませんか?

私も高齢出産を経験した一人です。知ることで防げることも多くあります。高齢出産におけるデメリットだけでなく経験も踏まえてメリットについてもお伝えしたいと思います。

【スポンサードリンク】

高齢出産とは

高齢出産とは、一般的には35歳以上の女性が妊娠、出産をすることを指します。

高齢出産によって高まるリスク

以下では、高齢出産に伴う様々なリスクについて見ていきたいと思います。

妊娠しにくくなる

卵子の老化が原因の1つ。メディアで取り上げられたときは、とても衝撃的でした。女性は、産まれたときから卵子を持っているため、年齢とともに卵子も年を取っていくのです。

自然妊娠の割合は、25歳から30歳までが 25~30%、35歳になると18%まで下がり、40歳で5%、45歳で1%となっています。自然妊娠の確率が低下するので、それに伴い不妊治療が必要なケースも増えてしまいます。

流産しやすくなる

これも卵子の老化によるものです。卵子の質が低くなり、受精をした際に遺伝子にエラーが起きやすくなってしまいます。そうなると妊娠を継続するのが難しくなってしまうのです。35歳で約20%、40歳で約40%の方が流産を経験するそうです。

卵子の質を調べるためにAMH検査というものがあります。卵巣の年齢、卵子がどれぐらい残っているかを調べることが出来ます。

妊娠高血圧症候群のリスクが高まる

以前は、妊娠中毒症と言われていました。なぜ妊娠高血圧症候群になってしまうかというのは明らかになっていません。妊娠20週以降で高血圧、蛋白尿がみられた際、妊娠高血圧症候群と診断されます。

高血圧以外に、めまいや倦怠感が現れることがあり、投薬治療が一般的です。重症になった場合、胎児の発育不全、 常位胎盤早期剥離が起こる可能性が高くなり、また、早産になってしまうケースもあります。

発症した場合、産後も経過観察が必要です。数十年経ってから、高血圧になるリスクが高まるという報告もあります。

先天性異常の確率が高くなる

卵子の老化が原因により、受精卵の染色体異常が増えてしまうためです。そのため、事前に染色体異常が起こっていないか知るために新出生前診断や胎児ドック、羊水検査を受ける人が増えています。

初産だとダウン症の確率も高い?

高齢出産での初産だからといって、ダウン症の赤ちゃんが産まれる確率が高くなるという事はないようです。初産、経産婦ともに、高齢出産になるとダウン症の赤ちゃんが産まれる確率は高まるのは事実です。

ダウン症のリスクは、

  • 25歳:1/1250
  • 30歳:1/952
  • 35歳:1/378
  • 40歳:1/106
  • 45歳:1/30

というデータが出ています。

不安要素の1つであれば、新出生前診断を受けるのも視野にいれた方がいいのかもしれません。

これまでデメリットだけに焦点を当てて見てきましたが、高齢出産はデメリットだけではないのです。妊娠、出産を安心して乗り越えるためにメリットについても見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

精神的なゆとり

精神的なゆとりは、子供に接する上でも一番大切です。子供の人間形成にも大きな影響を及ぼします。年齢を重ねると忍耐強さが自然と身に付いてくるので、子供にも辛抱強く察することが出来きるように思います。

人生経験が豊富

年齢を重ねるごとにいろんな経験をしているので、様々なことに柔軟に対処出来るのではないでしょうか。

この2つは、強く感じています。新生児の時は、寝る間もなかったので全くゆとりを持てませんでしたが、月日を重なるに連れて、精神的に安定してきました。いろいろな人生経験から大変な時でも気持ちに折り合いを付けながら対処出来ているのではと思います。

経済的な安定

仕事を長年続けているため、貯蓄、また適切な金銭的感覚を身に付けていると言えると思います。経済的に安定していることで子供に十分な教育に受けさせてあがれられるのは素晴らしいことですよね。

子宮体がんの罹患率の低下

妊娠を継続するために重要な役割をするプロゲステロンホルモン(黄体ホルモン)が子宮体がんになる確率を低下させてくれるそうです。

出産をすることでの若返り効果

妊娠中、女性ホルモンがたくさん放出されます。そのため、若返り効果があると言われています。また、子供を通して若いママ世代とコミュニケーションをとる機会も増えるので精神的な若返り効果もありそうですね。

私自身は、子供のために少しでも長生きしようと思えるので、出産前よりも健康に気を配るようになりました。

海外の研究報告

高齢出産ということから、意識的に塩分を控えたり、野菜を多くとるなど食事に気を配るため健康的なマタニティライフが送れる、他にはIQの高い子供が生まれやすい、子供が肥満になる確率が低くなる等もあるそうですよ。

【スポンサードリンク】

最後に

仕事やキャリア、自分のやりたいことに一生懸命。そろそろ子供が欲しいと考えた時35歳を過ぎてしまう人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。私はそうでした。

「子供がいる人生もいいな」と考え始めたとき、子供が出来にくい体質と分かったため、子供は諦めていました。自分の中でタイムリミットは設けていましたが、まさか妊娠、出産を経験出来るとは夢にも思いませんでした。

子育ても人生と同じように思い通りにならず、我慢することも多々ありますが、子育てを通してまた自分自身もより成長出来ているように思います。

妊娠、出産も自分の人生の一部です。早い時期に妊娠、出産を経験することに越したことはないとは思いますが、「自分が欲しいと思ったときが妊娠、出産に適したとき」だと感じています。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)