妊娠初期の流産の兆候まとめ 3つの症状と注意点

妊娠初期の流産の兆候まとめ 3つの症状と注意点
  • 妊娠したけど、あれ?なんかちょっとおかしいかも…
  • 病院行ったけど先生に「安静に」と言われた。大丈夫なのかな?

こんな不安なことありませんか?妊娠初期は体の不安定な時期でもあります。そこで今回は、妊娠初期の流産の兆候と症状、お腹の赤ちゃんの為にしてあげられることや注意点などを中心に書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

妊娠初期の流産の兆候

妊娠が発覚しても不安になることってありますよね。

  • 「心拍が出来るまでは安心できない」
  • 「胎動が分かるようになったら安心できるかな」

みんな生まれるまで、目に見えない不安になる時期あると思います。

私も2人のママですが、実は2番目を産む前に流産を経験しています。私の場合は胎嚢は確認できたけれど、何週になっても大きさが変わらず心拍が確認出来ませんでした。

そして、ある時上の子を抱っこしていたら赤ちゃんが出てきてしまったんです。なんとも言い表せないあの時の気持ち。しばらくはお腹の赤ちゃんの事を考えてばかりいました。

ですが、お腹の外に赤ちゃんが出てきてしまうまで、やはりいくつか兆候はありました。

3つの症状

一般的には12週までの流産は母体は関係なく、染色体に問題がある場合が多いと言われています。

ママが気をつける事によって助けられるなら、それはもちろん助けてあげたいですよね。私が出産まで出来た時と違った症状を書いていきます。

1. 出血

出血が一番明確で、「流産になるのではないか?」と不安を煽るものだと思います。私も出血はありました。

ただ、妊娠中の出血は色々な理由があるようですので、出血が出たからと言って、全てが流産になりかけているとは言えません。

私は無事に出産まで出来た2番目の子の時も出血はありました。いつもより動きすぎてしまった日や、体が疲れている時でも出血が出る場合があるようです。

いずれにしても、出血してしまったら少量ならなるべく安静に。お腹の赤ちゃんから「休んでね」というサインだと思って、体を休めてくださいね。

あまりにも出血が続く場合や、どんどん出血量が増えてきてしまう場合は、すぐにかかりつけの産婦人科を受診してくださいね。

2. お腹の張り

妊娠初期はお腹の張りにも注意しなければいけません。初産の人は張りがイマイチ分からないかもしれませんが、お腹がピーンと張るときがあります。

後期はこのお腹の張りが頻繁になり陣痛に繋がるのですが、初期はまだまだ張る必要のない時期。

  • 「ちょっとお腹が硬いな」
  • 「張っているな」

と感じた時はゆっくり休んでください。

また、このお腹の張りは体質的に張りやすい人もいます。頻繁に張るようでしたら、お医者様に相談してみてくださいね。

3. 下腹部が痛む

子宮が痛い。チクチクする。これも流産の兆候だったのかなと思います。

子宮が大きくなる時にも下腹部が痛くなったりチクチクしたりしますが、私の場合は全然痛みの感じ方が違いました。

子宮が大きくなろうとするチクチクとした痛みは耐えられる痛み。「あれ?ちょっとチクチク痛いかも」くらいでした。

流産の時の下腹部の痛みは、生理前のような、結構重たい痛みがズーンと来る感じでした。微弱陣痛の時の痛みのような、痛みがある時は「いたたたた」と動きが止まってしまうくらいの痛みの強さでした。

この、下腹部の痛みについては自分では判断出来ないと思います。単純に子宮が大きくなる痛みの場合もありますので。ただ、あまりにも痛みが強かったりする場合には病院で診てもらうといいでしょう。

【スポンサードリンク】

流産にならない為の注意点

「お腹の子を守れるのはママだけ」

確かにそうなんです。初期流産はママが原因ではありませんが、でも、流産しないように守ってあげることが出来るのはママだけなんです。

100%これをしたからといって、流産をしないとは言えません。私も気をつけましたが、結果的には流産をしてしまいましたから。でも、やっぱり少しでも救えるなら、出来ることは何でもしてあげたいですよね。

  • 疲れたなと思ったら休む
  • 睡眠をたくさん取る
  • なるべくストレスを感じない生活を心がける
  • 上の子がいる時は座って抱っこをするなど工夫をする

一番は体に負担をかけないこと。これに尽きると思います。

体が疲れてたり、睡眠が思うようにとれていなかったりすると、それだけ体には負担がかかります。

妊娠しているわけですから、体はいつもとは全然違うでしょう。無理をしないで、休む時間を増やしてくださいね。

そして、ストレスを溜め込んでしまう事も体にとってはよくありません。不安な気持ちや、悩んでしまっている事があるなら旦那様や、友人など理解してくれる人に話しみたり、気分転換をしてみたりして、ストレスを溜め込まないようにして下さいね。

【スポンサードリンク】

妊娠・出産は奇跡

妊娠出来たからと言っても、当たり前のように出産できるかと言ったら、答えは悲しいことに「NO」なんですよね。

妊娠だって、タイミングが合わなければ出来ません。赤ちゃんが欲しいからとすぐに簡単に出来るものでもありません。

晴れて妊娠できたとして、そこから出産を迎えるまでには約280日もあります。この間に色々な症状や気持ちの変化に向き合って、乗り越えて、そしてようやく出産の時を迎えるのです。

出産してからはもちろん大変ですが、妊娠してから出産まで無事に終えること。これは本当に奇跡だなと思います。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)