切迫早産の入院費用、出血の症状と過ごし方 安静解除はいつ?

切迫早産の入院費用、出血の症状と過ごし方 安静解除はいつ?

妊娠中のトラブルの1つでもある切迫早産。誰もが入院もしくは自宅での絶対安静になる可能性があります。妊婦検診に行った際に、突然入院を勧められることもあります。私もその一人です。

覚悟はしていたものの、突然、絶対安静での長期入院になったときは、しばらくの間、泣いて過ごしていました。原因、症状、入院中の過ごし方などについて、体験談もふまえてお伝えします。

【スポンサードリンク】

切迫早産とは

妊娠週数22週以降 37週未満で分娩が始まりかけている状態のことを言います。規則的もしくは不規則なお腹の張りの頻度、下腹部痛、出血、破水の症状があり、子宮口が開大傾向にあること等が判断基準となります。

胎胞が脱出してしいる場合や、子宮頚管長の短縮は早産の確率が高くなります。主治医にもよりますが、子宮頚管長が2cm未満になると即入院になることが多いようです。

切迫早産の原因

切迫早産の原因は明らかにされていません。絨毛膜羊膜炎、子宮頚管無力症が原因になることが多いようです。多胎妊娠の場合も子宮頚管が短くなりやすい傾向にあります。

私は、子宮頸管無力症だったためマクドナルド法で頸管を縛る手術をしましたが、25週のときの妊婦検診で頸管長が1.9cmになり、張りもあったため、そのまま入院となりました。出血などの症状はありませんでした。

切迫早産の出血の原因

出血の原因としては、

  • 胎盤の位置が低い
  • 前置胎盤
  • 胎盤早期剥離

などが考えられます。少量でもいつもと違うなと思ったときは、診察を受けることをおすすめします。切迫早産と診断されると自宅で絶対安静、もしくは入院となります。

重度の切迫早産の場合、NlCU(新生児集中治療室)がある病院に転院になったり、MFICU(母体胎児集中治療管理室 )入院になる可能性もあります。

入院

入院中は、早産にならないために張り止めの点滴を24時間行います。36週もしくは37週まで、点滴をすることになるので、2~3ヶ月点滴に繋がれたままの生活に。基本的に、ベッドの上で絶対安静の生活です。歩行はトイレのみ。許可がおりれば、シャワーを浴びることも可能です。

張り止めの薬は、子宮の収縮を抑えるためにリトドリン(ウテメリンは、リトドリンのジェネリック薬品になります)やマグセントを使用することが有効であるとされています。私の場合は、入院してすぐにウテメリンの点滴が始まり29週からマグセントが追加になりました。

どちらも副作用がありますが、日にちが経つと少しずつ慣れてきます。人によっては副作用が続いてしまうこともあります。

ウテメリンの副作用

動悸や手の震えが一般的です。動悸を軽減するために、漢方薬の当帰芍薬散を服用することも可能です。2、3日は、手の震えでご飯を食べるときは、お箸が持てず大変でした。

マグセントの副作用

体のほてり、頭痛、口が渇く、倦怠感があります。副作用を軽減するためのお薬がないのが残念です。マグセントの副作用は、思ったほどではありませんでしたが、慣れるまでは体のほてりと倦怠感がつらかったです。

【スポンサードリンク】

入院中の過ごし方

私が切迫早産で入院した時の一日の流れは以下のような感じでした。

6時半頃 胎児の心音をチェック
7時 朝食
9時 NST(ノンストレステスト)で張りをチェック。看護師さんによる異常の有無、食事量、排泄の回数を確認
12時 昼食
13時 昼食の食事量、異常の有無のチェック
15時 おやつ
18時 夕食
19時 夕食の食事量のチェック
20時 ドップラーで胎児の心音確認、異常の有無の確認
21時 消灯

病院によって、かなり違いがあるようです。週に1度、内診と経腹エコーがあり、頚管長が短くなっていないか毎回不安でしたが、エコーで赤ちゃんの元気な様子を見られるのが救いでした。

ベッドの上で横になっていなければならないので、出来ることが限られてしまいます。毎日、1日がとてもとても長く感じられました。本や雑誌を読んだり、スタイなどを手作りして時間を潰していました。

大部屋だったので、同じ病室の人とお話をするのが一番の気分転換でした。あとは、ごはんの時間や面会時間も楽しみの1つです。

長期入院になると精神的にとても疲れてしまうので、気兼ねなく話せる主人や家族の存在は大きかったです。精神的に疲れてしまったときは、話しやすい看護師さんにお話をしたり、主治医に不安要素について質問をして安心を得ていました。

精神科もしくは心療内科の先生に話を聞いてもらうのも良いと思います。長期入院は、考えている以上につらいので、どう心の安定を計るかも大切に感じています。

安静解除の時期

医師の判断によってかなり違いがあるようで37週まで管理入院をさせる病院もあるそうです。私の入院先では、36週で点滴が外れ退院となり、37週から安静解除という形をとっていました。

張りがなく落ち着いている場合、35週よりも前に退院して自宅安静になる方も居ます。ほとんどの方は、36週まで入院されていました。

入院費用

高額医療費制度が適用されるので、世帯年収によって差がありますが、ひと月13万円程度。個室を希望した場合は、別途料金が必要となります。私は約3ヶ月入院したので、約40万円。

切迫早産が適用される保険に入っていたので、保険金でまかなうことが出来ました。妊娠中は何が起こるかわからないので、もし保険に入っていない方は、妊娠が分かってからでも入れる保険に入ることをおすすめします。

【スポンサードリンク】

さいごに

私は、早産になってしまったので、正期産で出産出来ることは当たり前に出来ることではないと体験を通して深く感じています。妊娠から出産まで「奇跡の連続」だと思います。

「無理は絶対にしない」、「張りを少しでも感じたらすぐに休む」、「少しの異常も放置しない」当たり前のことを当たり前に安定したマタニティライフを多くの方が送れることを願っています。この記事がお役に立てれば幸いです。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)