先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

チッ!妊娠中に旦那のことが嫌いになった行動・発言ワースト5

チッ!妊娠中に旦那のことが嫌いになった行動・発言ワースト5

思わず舌打ちしたくなるような、妊娠中に旦那にされて嫌だった行動、言われて嫌だった発言。旦那のことが嫌いになるくらいイライラしたこと、妊娠中の誰しもが経験あるのではないでしょうか?

こっちは初めての妊娠で悪阻(つわり)を経験したり、普段とは違う気分になったり(いわゆるマタニティーブルー)して苦しんでいるというのに…

現に私も初めての妊娠の時いろいろな事があった一人です。そこで私の経験の中からですが、旦那の行動や発言で、最もイラっとしたワースト5を挙げてみたいと思います。

【スポンサードリンク】

第5位:「今日のご飯これだけ?」

ご飯とおかず一品しか用意出来なかった時に言われた何気ない一言ですが、悪阻真っ只中だった私にはとてもイラッとした一言です。

ご飯の炊ける匂いがダメで何度も胸が詰まる思いをしていながらの食事作り…ひどい時には立っていることもままならずトイレに駆け込む、そんな悪阻の日々を過ごしていました。

初めて言われた時は、

「まぁまぁ、よく食べる人だし、体力勝負のお仕事だからね…」

と我ながらの神対応で我慢しましたが、2度目に言われた時には旦那のいない時に、いらなくなった欠けた茶碗やコップをベランダで思いっきり割ってやりました。これが意外とスッキリするのです!

第4位:友人と頻繁に飲みに出掛ける、遊びに行く

多少のお付き合いは理解しているつもりなので許せます。が、しかし妊娠中だし気分が浮き沈みしやすいので、旦那さんに「傍にいるだけでもいいから居て欲しい」と思う妊婦さんは多いと思います。

そんな時、

  • 「ちょっと〇〇家に行ってくるわ~」
  • 「飲みに行ってくる~」

と言われる日が続くと、「今夜もまた一人か…」と思ってしまいます。

第3位:家事や育児を手伝ってくれない

だんだん大きくなるお腹を一番傍で見ているにも関わらず、

  • 「これしとって~」
  • 「風呂洗った?」

と自分のことしか考えない発言とか、自分の趣味に没頭したりとか。

仕事から帰ると席について「ご飯ちょうだい」など、全くもってお腹の大きな妊婦の事を考えてくれない旦那の姿にイライラします。また、2人目ともなると育児をしながらの家事ということもあり、ますます自分のペースで家事をすることが難しくなってきます。

我が家では旦那が昼食も家に食べに帰ってくるパターンなので、まぁ時間がない!朝食べたと思ったらもうお昼。お昼が終わったらもう夕飯の支度。なので、上の子が寝た時を使ってだーっと一気に家事をしてしまいます。食事の支度をまとめてしたり、自分の体調次第ではレトルトやインスタントに頼っていました。

育児に関しても、旦那が釣りが趣味で、子供が針に触ると危ないという理由から、「部屋に入ったらダメ」と言われ、結局いつも通り、旦那が子供の面倒を見ることが少ないのです。

最初は趣味も大事だと思っていましたが、そればっかりに没頭されてはこっちも何も出来ないので、仕事から帰って来るなりすぐにお風呂タイムにして、子供をお風呂に入れてもらうことで私の負担もイライラも減りました。

【スポンサードリンク】

第2位:他人の妊婦と比較する

  • 「〇〇さんちの嫁さんは妊娠してもあまり体型変わってないよね~」
  • 「友達の奥さんと比べて全然悪阻、しんどそうじゃないやん」
  • 「〇〇さんちの嫁さんは飲み会行ってもいいって~」
  • 「釣り行っても良いって言われてたよ」

など。体型の事に関しては初めての妊娠、悪阻で自分が思っているようにいかず、自分本人が一番気にしていたことを言われてショックだった記憶があります。幸い旦那も痩せているほうではなかったので、「じゃあ一緒に食生活を見直そうよ」と言ってやりました。

飲み会や趣味のことはあまりにもイライラした時に話し合ったことがあり、それから少しは気をつけてくれましたが、しばらくするとやっぱり元通り…。やっぱりいくら言ってもダメみたいです。

第1位:デリカシーがない

私が一番イライラしたのは、やたらとスキンシップをとりたがってくる事。女性は妊娠した途端に「もう自分だけの体じゃないんだから」と思ってしまうものですし、スキンシップはしたいけれどそんな気分じゃなかったり、悪阻もご飯だけの匂いじゃなく、柔軟剤の匂いもダメだったので、ハグやキスも無理でした。

一緒にマタニティー雑誌を読みながら「ほら、妊娠中は性欲も低下するんだよ」と言っても自分の欲は抑えるのが難しいようです。そんな経験をする妊婦さんも多いはずです。そんな気持ちを理解してほしいのが妊婦の本音ですよね。

ここではワースト5まで挙げましたが、他にもイライラする行動や発言など、人によって色々とあると思います。妊娠中の体と心は不思議なもので、ある日突然、今までNGだった事がOKになったり、またその逆になったりするものです。

イライラはしますが、溜め込むよりは、その都度旦那さんに言ったりすることで嫌いにならずに済むことだってあるなと思った事も経験しました。せっかくなら幸せで楽しい妊婦生活を送るために、イライラした時は枕に顔をうずめて、

「あーっ、イライラするー!」

と叫ぶのも、なかなかのストレス発散になりますよ。

また、お腹も目立ってきて胎動もうにょうにょと動くのが外からでも分かるようになれば、旦那さんの反応も変わって来ます。そうなったら、健診に一緒に付いて来てもらったり、来れない旦那さんには健診での先生の話を聞かせたり、エコーの写真を見せてコミュニケーションをとるのもおススメです。

妊婦にストレスは大敵!自分の好きな事をしたりお友達とお茶したり、ベビー服を見に行ったり、家族に話を聞いてもらったりして、自分の中にストレスを溜め込まないことが何よりも大事だと思います。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング