産後のお腹の引き締め、いつからやるべき?たるみを解消する方法

産後のお腹の引き締め、いつからやるべき?たるみを解消する方法
【スポンサードリンク】

産後気になることと言えば、「体型は元に戻るのか?」ですよね。特に産後のお腹は赤ちゃんを産んでもポッコリのままで、私自身、産んだ後でもこんなにもお腹が出ているものなのかとショックを受けました。

子宮もお腹もあんなに大きくなって、体重も増えたのだから、産んだらすぐにお腹がぺったんこになるというわけではありません。出産を経て、骨盤も開いた状態のままです。

産後のお腹の引き締めはいったいいつから始めればいいのか、お腹のたるみを解消するにはどうすればいいのかをご紹介します。

 産後のお腹の引き締めはいつから?

産後すぐにお腹を引き締めたいと思う気持ちはよくわかりますが、あまり焦らないでください。「産褥期(さんじょくき)」と呼ばれる産後1ヶ月間は、お母さんの身体が妊娠前の身体に戻ろうとしている時期なので、無理をすると後々身体に不調をきたす場合があります。

出産直後は、子宮内膜や子宮に残った血液が、悪露として体外に出ていきます。産後すぐに骨盤ベルトなどで強く締め付けてしまうことは、悪露の排出を妨げてしまう可能性があるのでおすすめできません。早くても産後1ヶ月以降、産後2ヶ月頃から本格的にお腹の引き締めをするといいでしょう。

少しでも早くお腹を引き締めたい!

少しでも早くお腹を引き締めたい人は、とにかく姿勢を正しましょう。お腹を引き締めるためには、開いた骨盤を正しい位置に戻してあげる必要があります。姿勢を正すことは、産褥期の身体でも負担はかからないうえ、産後の緩んだ骨盤を正すためにとても効果的です。

まず注意したいのは座り方です。横座りやぺたんこ座り(女の子座り)は骨盤をゆがませる原因になってしまいます。また、椅子に座るときは脚を組むのも良くありません。

意外なことに、あぐらは産後の骨盤矯正に効果的な座り方です。あぐらをかいた状態で背筋をピンとのばすと腹筋も鍛えられます。授乳の時はついつい猫背になりがちですが、猫背が習慣になると、お腹のお肉がなかなか取れなくなってしまうので注意が必要です。

 骨盤ベルトを使用する

骨盤ベルトは、産前産後の骨盤を支えたり、産後の骨盤を正しい位置に戻す役割をしてくれます。出産前から使用できる骨盤ベルトもあり、出産準備品として用意しておく方も多いのではないでしょうか。

一口に骨盤ベルトと言っても、種類が豊富で、使用時期が異なるものもあり、何を選んでいいか迷いますよね。私が使っていたのは、産後すぐから使える「犬印本舗 産後すぐしっかり締める骨盤ベルト」です。骨盤ベルトは厚手でがっちりしたものが多いですが、この商品は柔らかな素材で、産後すぐから寝たままの状態でも使えます。締め付け具合も簡単に調節できるので使いやすかったです。

骨盤ベルトはしっかりと骨盤を締めるタイプのものが多いので、締め付け感がつらいと感じる方、帝王切開で傷が痛むという方は、ウエストニッパーを試してみてはいかかでしょうか。骨盤ベルトにくらべて締め付けがソフトで、お腹をすっぽりと包んでくれます。骨盤ベルトよりも薄手でソフトな生地のものが多いのも特徴です。

骨盤ベルトやウエストニッパーのサイズを選ぶときは、妊娠前からどれだけ体重が増加したかを基準にします。体重増加が10kg未満なら産前と同じサイズでいいのですが、10kg以上増加した場合は1サイズ上のものを選びましょう。

【スポンサードリンク】

お腹のたるみを解消する方法は?

産後のお腹のたるみの原因は、体重の増加や骨盤の開きだけでなく、筋力の低下や皮膚のたるみにもあります。それを改善するのは筋トレとマッサージです。

私の場合は、初めての育児に追われて、とてもじゃないけれど運動する気にはなれませんでした。それでもたるんだお腹はどうにかしなければ!と思っていたので、寝転がったままできる「脚パカ運動」を毎日行っていました。

方法は簡単で、両脚のかかとをつけた状態で垂直に上げ、脚をゆっくり大きく開いて、ゆっくり閉じることを繰り返すだけです。この運動の良い所は、お腹だけではなく、太ももの引き締めにも効果的なところです。方法は簡単ですが、「ゆっくり」というのがポイントで、最初はちょっとキツイかもしれません。無理はせず、だんだん回数を増やすようにしてください。

お腹の皮膚のたるみを戻す方法は?

時間をかけて大きく伸びていったお腹の皮膚は、赤ちゃんを産んだからと言ってすぐには元に戻ってくれません。きちんとケアをするかどうかで、皮膚の戻りに差が出てしまいます。

皮膚のたるみを解消するために必要なのは、保湿とマッサージです。産後の皮膚は乾燥しやすく、乾燥したままにしておくと皮膚の再生能力が落ちてしまいます。私はもともと乾燥肌だったので、産後は更にカサカサ状態になり、保湿が欠かせませんでした。保湿クリームをいちいち塗るのは面倒ですが、自分の好きな香りのクリームを選ぶなどして、なるべくこまめに塗り、塗ったついでにマッサージをしていました。

マッサージはあまり力をいれず、手のひらで優しく円を描くように揉み込むだけです。マッサージをすることによって、血行がよくなり皮膚の再生を助けてくれます。

たるんでしまったお腹の皮膚を戻すには、保湿とマッサージを毎日欠かさずやることが大切です。

【スポンサードリンク】

まとめ

産後の体調も傷の具合も人それぞれです。お腹を引き締めるために、産後すぐから出来ることもありますが、ご自分の体調と相談しつつ、1ヶ月検診で問題が無ければ少しずつ始めていきましょう。

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)