ママ友付き合い失敗談から学ぶトラブル回避の4つのコツ

ママ友付き合い失敗談から学ぶトラブル回避の4つのコツ

一番難しい関係なんじゃないかと思うママ友。子供の為にと思って作ったママ友だけれど、ストレスが溜まったり疲れてしまったりした事、ありませんか?子供が大きくなるまでグループとしてつるまないといけないのか…と、正直面倒だなと思ってしまったり。

今回はママ友との失敗談と、そして失敗を経験したからこそのママ友との上手な付き合い方、トラブルを回避するためのコツをお伝えしたいと思います。

【スポンサードリンク】

ママ友付き合いの本音

妊娠したら心配するのがママ友。一番良いママ友は、近くにいた友人達と同時期に妊娠して同じ時間を共にする、友人からの延長のママ友ではないでしょうか。学生時代からの友人なら気兼ねなく付き合えますよね。でも中々そんなうまくはいかないもの。

ママ友って住んでる環境、通う幼稚園や保育園、小学校など、子供を通して仲良くなるので正直合わないなと思ったり、苦手だなと思ったりすると思います。もちろん、子供がいるというだけで成立する関係なので、年齢や出身も違えば素性も分からないのが正直なところ。

私も子供が大きくなるにつれ、ママ達と関わる機会が増えて来ましたが、本当に仲良くさせてもらっているのは1〜2人。あとは会えば話す程度の関係の人がほとんどです。その中でも苦手だなと思ったり、面倒だなと思ったことは多々あります。

ママ友付き合いの失敗談

では一体どんなママ友失敗談があるのでしょうか?私の経験も含めてお話しして行きたいと思います。

1.「ことば」によって起こる失敗談

ママ友ってお喋りしているイメージですよね。でも実際そうなんです。

  • 子供のこと
  • 家庭のこと
  • 夫婦のこと

話す人はなんでも話します。そしてそれによってトラブルが起きてしまうことも。ちょっとした言葉の受け取り方の違いで相手の気を悪くさせてしまったり、誤解を招いてしまったり。

ちょっとした悪口を何気なく言ってしまったら、実はそのママと繋がっているママさんだったなんてことも現実ではありえたりします。口は災いのもと。大変ですが、発する時は選んで話した方が良いでしょう。陰口は絶対にその人に伝わると思っているくらいでちょうどいいと思います。

2. ママ友の集まりで起こった失敗談

幼稚園に通っている子のママさんは、定期的にママ友の集まりなどがあるのでしょうないでしょうか?習い事をしていたりすると、習い事を通してママ友が出来たりもしますよね。

そこで起こってしまった失敗談。ランチをみんなでしようとなった時にどこまで誘えば良いのだろうか?誘われなかった人は「何で私は誘われなかったのだろう?」とモヤモヤしてしまったり。

この「どこのラインまで誘えば良いのか?」は結構悩むところだと思います。また、仲良しママ友グループが出来たと思ったら、毎日のように「今日は◯◯で遊ばない?」などのお誘いメールがなりっぱなし…など。家庭の事かあったり下にお子さんがいたりす流と、毎日毎日ママ友に合わせた生活も疲れてしまいますよね。

3. 子供は社交的だけどママが引っ込み思案で起こる失敗談

こういうママさんも多いのではないでしょうか。子供は社交的で誰とでもすんなり仲良くなれてしまう。でも、ママは?何を話したら良いのか分からない。人見知りだからうまく話せなくて挨拶程度。

ずっとそのまま生活をしていたら、子供は仲良しのお友達たくさん作ってるのにママは一向に仲良くできるママさんが作れないなんてことも。子供は無条件で波長が合えば遊べてしまうもの。でも、大人である私たちは難しく考えすぎてしまったり身構えてしまったりしてしまいますよね。子供の柔軟性に感心してしまいます。

【スポンサードリンク】

失敗しないママ友作りのコツは?

失敗談はたくさんお話しさせて頂きましたが、これだけ見るとママ友って面倒だな、作りたくないなと思ってしまいますよね。でも、子供が大きくなるまでに多くのママと関わることになっていきます。失敗しない為にどういうところに気を付けて行けばいいのでしょうか?

1. 挨拶はしっかり

これは大人でも子供でも基本的な事ですよね。挨拶をされて嫌な人はいません。挨拶をしっかりすれば印象も悪くないですし、子供に見せる為にも挨拶はしっかりしましょう。

2. 定期的な集まりは参加できる人だけ

ママ友の定期的な集まりは絶対参加にはしないこと。

「◯月◯日にランチしましょう!来れる人は〜に◯時集合で!」

というふうにするといいでしょう。子供にはいつ何があるか分かりません。急に熱が出てしまったり、いつもよりぐずっていて外に出るの大変そうだなとママが疲れてしまっていたり。行ける人が行く。こういう参加の仕方てあれば気が楽になりますよね。

私もよくやっています。例えば、「今◯◯の公園で遊んでいます!来れる人は一緒に遊んでください!」と。時間が合う人がいれば来て一緒に遊びますし、誰も来ない日も。でも、こういう方が気楽で良いんです。

3. 悪口は絶対タブー

これもママ友同士ではやめておいた方がいいでしょう。ついついポロッと出てしまいそうになりますが、どこで誰が聞いているか分かりません。そもそもママ友は噂話が大好き。噂話が大きくなって収集つかなくなってしまうことも。ママ友同士の会話では楽しい話題をするようにしておきましょう。

4. 無理には付き合わない

人間ですから、合う合わないは誰しもあります。これはママ友だけに限らずです。子供の為を思って仲良くしなければ…と思ってしまいますよね。でも、ママが疲れていたら意味ありません。

苦手だなと思えば挨拶だけしっかりしておけば良いんです。何か話しかけられたら返せばいいんです。「頑張って話さないと」「仲良くならないと」と気張らなくて良いんです。

さいごに

いかがでしたか?ママ友も最低限のマナーを守っていれば良い関係が築けると思います。私も色々なママ友と関わりを持たせてもらいましたが、波長が合ったり育児について同じような考え方を持っているママさんだと、しょっちゅう連絡を取ったり相談したりしています。

こういうママ友さんだと気楽に付き合えるのだろうなと思います。そして、お互い良い関係が築けていれば、それは素敵なご縁なので大切にしていきたいですよね。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)