重曹とクエン酸の掃除術!排水口・トイレ・お風呂…使い分けのコツとは?

重曹とクエン酸の掃除術!排水口・トイレ・お風呂…使い分けのコツとは?

天然素材のものを使ったナチュラルな生活を好む方が増えてきています。私もその一人で、きっかけは子育てです。娘を育てていくにあたって、できるだけ天然のものを使いたいと思うようになりました。

最近になって重曹とクエン酸を2キロずつ購入した、ナチュラル生活初心者の私がお勧めする掃除術を、排水口やトイレ、お風呂などの用途に合わせた使い分けのコツも含めて紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

重曹とクエン酸の使い分け

こちらでは、岩尾明子氏著書「重曹とお酢でナチュラル生活」を参考に、重曹とクエン酸を使った掃除術と、重曹とクエン酸の使い分けのコツをご紹介していきます。

重曹

掃除術をご紹介する前に、まずはそれぞれの特徴を述べたいと思います。重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」と言います。天然素材で地球にやさしいので、安心して使うことができます。

重曹は研磨剤としての作用があります。通常の油汚れには重曹を振りかけて時間をおき、汚れが浮きあがったら古布でこすれば落ちます。また、消臭・吸湿効果がありますので、湿気の多い個所に置くと良いそうです。

クエン酸

ご紹介しました著書はお酢を使いますが、お酢の匂いが気になる場合は無臭のクエン酸で代用できます。クエン酸は重曹同様に粉末状ですので、粉のまま使うほか、クエン酸水として使う方法もあります。クエン酸水の作り方は、水1カップにクエン酸小さじ1を溶かしてできあがりです。こちらではお酢の代わりにクエン酸水を使う方法をご紹介します。

クエン酸は剥離作用があり、汚れの成分にしみ込んで剥がす性質があります。また、リンス効果があります。重曹と混ぜると発泡することから、重曹で汚れを浮かせて仕上げにクエン酸水を使うと重曹の残りカスが中和され、見た目にもきれいになります。

重曹とクエン酸を使った場所別の掃除術

こちらでは、重曹とクエン酸を使った掃除術を、キッチンの排水口、トイレ、お風呂の3箇所に絞ってご紹介します。

1. 排水口

排水口のぬめりや悪臭は主婦の悩みの種です。水周りをきれいに保つために、たっぷりの重曹を使いましょう。重曹1カップ、クエン酸水200ml、熱湯適量をご用意ください。

まずは、クエン酸水を耐熱容器に入れて電子レンジで2分加熱します。排水口に重曹を直接ふりかけたうえに、あたためたクエン酸水をかけて発泡させます。数分置くと、悪臭の原因となるぬめりが分離しやすい状態になります。そこで熱湯をかけて洗い流します。これを数回繰り返すと排水口がきれいになります。

2. トイレ

便器内の輪ジミや汚れを落とすには、重曹とクエン酸水を適量用意します。輪ジミの部分に重曹をたっぷり振りかけて、クエン酸水をスプレーして発泡させます。そのまま5分ほど置いてから、トイレブラシでシミの部分をこすって汚れを落とします。クエン酸のリンス効果で便器内がピカピカになりますので、掃除後はとても気持ちが良いです。

トイレ内の消臭には、重曹の消臭作用を活用しましょう。蓋を外したお気入りのボトルや箱に重曹2分の1カップを入れ、便器後方の床に消臭剤として置いておきましょう。重曹は湿気を吸いますので、約3ヶ月置きに中身を取り替えて下さいね。

【スポンサードリンク】

3. お風呂

バスタブの毎日のお手入れには、重曹水とクエン酸水を使いましょう。水200mlに重曹小さじ2を溶かした重曹水をバスタブの湯あかにスプレーします。その上からクエン酸水をスプレーして発砲させます。しばらく置くとバスタブ表面から湯あかが分離してきますので、スポンジで汚れをこすり水で洗い流して下さい。ただし、天然の大理石でできたバスタブには、お酢を使った掃除法は適さないので注意しましょう。

タイルの目地の汚れやカビには、重曹ペーストが効果的です。重曹1カップに水100mlを混ぜて練り合わせて作った重曹ペーストを、歯ブラシにつけてタイルの汚れをこすり落とします。最後に水でしっかり洗い流して下さい。

洗面器やイスなどのバス小物は、浴槽の残り湯を利用して汚れを取りましょう。浴槽の残り湯に重曹を1~2カップ入れ、バス小物をつけ込みます。翌日には汚れが取れやすくなっていますので、スポンジで軽くこすって汚れを落とし最後に水洗いをして下さい。

居心地の良い空間を目指して

いかがでしたでしょうか?重曹水やクエン酸水は100均に売っているスプレーボトルに入れて常備しておくと、いつでも手軽に使えますので、これを機会にお掃除好きになるかもしれませんね。汚れが取れることに達成感がありますし、ご家族にも喜んでもらえることでしょうから、お家の中がパワースポットに早変わりするかもしれませんね。

離乳食にこだわるのと同じように、子供のために天然由来のものを使ってあげたいと考えるママは多いと思います。私の場合はそれがこだわりになっていって、おむつは布おむつだったり、食べ物は添加物が入っていないものを選んだり、野菜は有機野菜や無農薬のものを選んだりというところから始まりました。洗剤にもこだわりたくなって、行き着いたのが重曹とクエン酸です。

一口に重曹とクエン酸と言っても何種類かグレードがあります。食用のものを選ぶと、お菓子作りに使ったり炭酸飲料を作ったりもできます。ここでは掃除術に的を絞ってご紹介させていただきましたが、重曹とクエン酸の用途は実に幅広いです。使いこなせるようになると毎日が楽しく家事さえもハッピーな気分でこなせそうな気がします。

まずは手軽なお掃除から始めて、お家の運気をあげてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)