【結婚式の電報(祝電)の送り方と文例】宛名・宛先の正しい書き方を解説

【結婚式の電報(祝電)の送り方と文例】宛名・宛先の正しい書き方を解説

せっかく結婚式に招待されたのにどうしても出席できない理由がある時、出来れば祝福したい気持ちだけでも当日届けたい!

そんな時に利用したいのが電報、祝電ですね。でも、頻繁に利用する機会もない祝電は、いつどこに、どんな風に送ればいいのでしょう?

今回は電報・祝電の正しい送り方について紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

そもそも祝電はどうやって送ればいいの?

実は私は祝電を送ったことがありませんでした。なぜならご招待いただいた結婚式にはすべて出席していましたし、それ以外の時に式場や会場に電報を送る機会がなかったからです。

そんな私には「電報」と言えばNTTしか思い当りませんでした。調べてみると、一般電話かドコモの携帯であれば局番なしの「115」で申し込めるようです。

ただ、電話で文章を伝えるので、事前に文章を決めておく必要があります。その際の電報料金は申し込んだ電話番号に請求が来ます。他には、郵便局のレタックスを利用しても送れます。

また、今時はインターネットで探せばいろいろなで祝電が送れるのですね。例えばNTTのD-MAILというサイトでは インターネットで申し込むと全国どこでも24時間受付で送れるようですが、郵便局や他のサイトでも全国に送れるところも多く、値段も種類も豊富なため、ぜひ実際に比べて見ることをお勧めします。

料金の決済方法は、インターネットではクレジットカードが主ですが、携帯で頼めば携帯の利用料金と一緒に決済をしてくれるところもあるようです。

NTTのD-MAILでは台紙+文字数で金額が決まりますが、文字数が300文字までなら均一料金で送れるところもありましたので(電報サービスVERYCARD)、価格にも注意して検討する必要がありそうです。

ぬいぐるみやオルゴール、花束とセットになったものもあり、見ているだけで楽しくなってきますが、できれば新郎新婦が喜びそうな、記念に残る祝電をセレクトしてあげたいですよね。

ざっと見ただけでも、「贈る言葉」を形に出来る祝電がたくさんありましたよ。

祝電を送るタイミングはいつ?

配達日の1か月前から、ほとんどのところで祝電の申し込みは出来ます。各電報サービスや届け先の地域によっても異なるようですが、時間指定のできない場所があったりすることもありますし、早く頼めば割引がある場合もありますので、できれば披露宴の前日までに届けるのが無難ではないかと思います。

特に午前中の披露宴の場合、万が一のことがあっても悲しいですから。午後からの場合にも披露宴の前には祝電の数や祝電を読む順番などを打ち合わせたりしますので、遅くとも式が始まる1時間前には届けるのがマナーではないでしょうか。

ただし、突発的な場合があるかもしれません。最近では披露宴が午後からであれば当日受付がOKであったり、前日ならばほとんどのところで受け付けてくれるようです。

誰宛てに送れば失礼に当たらない?

結婚のお祝いの電報(祝電)の場合、一般的には連名が基本になります。

お祝いの席で読み上げられることもある祝電に非礼があるのは避けたいところですが、
例えば新郎新婦のどちらか一方の知り合いであれば、片方だけの名前で送ることは問題にはなりません。

ただしその場合には注意が必要。新婦を宛名にする場合は旧姓を使用するのが基本的なマナーになります。

また、新郎新婦のご両親とつながりが深く、ご両親あてに電報を送りたい場合には、受取人欄にご両親どちらかの名前を書いて送ることもできます。

送り先については挙式や披露宴が行われる会場になりますので、事前に確認しておく必要があります。

祝電を書く際に気をつけるべき言葉

祝電の書き方に特に決まった決まり事はないようですが、常識の範囲で文章の長さはできるだけ簡潔に、せめて200~300文字程度が適当でしょうか。

そして何より新郎新婦へのお祝いの気持ちを贈る「お祝いの電報」なので、縁起の悪い忌み言葉、再婚や再縁を連想させる重ね言葉は避けたほうが良いでしょう。

例えば、別れを連想させる言葉とは、

  • 切れる
  • 別れる
  • 離れる
  • 戻る
  • 戻す
  • 壊れる

他にも、

  • 泣く
  • しめやかに
  • 退く
  • 消える
  • 浅い
  • 憂い
  • 冷える
  • あせる
  • ほどける
  • とんでもない

などなど。

再婚などを連想させる重ね言葉にも気を付けましょう。例えば、

  • 重ね重ね
  • たびたび
  • しばしば
  • ますます
  • またまた
  • いろいろ
  • 返す返す

などがそれに当たります。ギクッとする言葉もありますよね。例え話などでつい使ってしまいそうな言葉もあります。

若い方には気にならない言葉や表現も、ご両親など年配の方が聞くといい気がしないものもあります。

結婚式・披露宴は結婚する二人だけではなく、両家のたくさんの方が列席していて祝電を目にする機会もありますので、せっかくのお祝いごとに水を差さない心配りが必要です。

そして当然ながら、文末には送り主である自分の名前等を書いておかないと、披露宴の会場で読み上げられた時に送り主がわからない状態になるので気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

電報・祝電の典型的な文例

ここでは、結婚する友人に宛てて送ることを想定した祝電の典型的な文例を2つほど紹介します。

文例1

ご結婚おめでとうございます。
いつまでも相手を思いやる気持ちをお互いに忘れず、
どんなことでも話し合える素敵なご夫婦でいて下さい。

文例2

ご結婚おめでとうございます!
楽しい事や嬉しい事は2倍、悲しい事や辛い事は半分、
お二人のこれからの共同作業を、
私たちもしっかりと見届けさせて頂きます。

ここでは友人に宛てた電報・祝電の文例を紹介しましたが、当然ながら友人以外にも、会社の同僚、先輩、後輩、上司等いろいろな関係性の中で送る機会がある電報ですから、典型的な文例よりは、自分自身の言葉でお祝いの気持ちを素直に表現したほうが、贈られた方も喜ぶのではないでしょうか。

たとえ上手ではなくても、気の利いたことが言えなくても、あなたのその気持ちはきっと伝わると思いますよ。

まとめ

最後に、結婚式当日に、できれば式場に行ってお祝いの言葉を直接伝えられるのがベストではありますが、それが出来ない場合には、電報や祝電を活用して気持ちを伝えるだけでも、相手の方はきっと喜ぶはず。

その電報や祝電にも、今はたくさんの種類・バリエーションがありますから、いろいろなサービス、いろいろな形や種類をセレクトしてお祝いの電報を送るのは、贈る方も楽しめると思いますよ。

だからこそ、まずは贈る言葉を大事に、

「これからの門出を祝福して応援しますよ!」

という気持ちを込めて、結婚のお祝いの電報・祝電を送りたいものですね。

【スポンサードリンク】

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)