カメラマンのバイトは未経験でもできるの?

カメラマンのバイトは未経験でもできるの?

結論から言うと、未経験でも可能です!カメラマンの多くは、未経験からアルバイト(アシスタント)を経て、プロのカメラマンという経歴を持っています。どんな写真を撮ってみたいのかが、アルバイト先を選ぶポイントになるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

どのようなバイトがあるか

カメラマンのバイトですと、

  • 撮影スタジオのアシスタント
  • 写真館、写真室(ホテル等)のアシスタント
  • 子供専門のフォトスタジオ
  • 結婚式のスナップ撮影

主にこのあたりが挙げられると思います。やはり未経験だと、即戦力にはならないのでアシスタントという立ち位置になります。

アシスタントとはどんな仕事?

撮影スタジオのアシスタントの場合

カメラマンがすぐに撮影出来る状態にすることが主な仕事になります。スタジオによって違うと思いますが、ライティングの組み立てや露出の計測、デモの撮影をしてどのように撮れるのかアタリをつけたりします。

機材は重いものが多いので、重労働になることも多く、また、拘束時間が長くなることも多いです。

商品撮影、人物撮影を行うことが多いので、撮影する上で欠かせないライティングや機材の使い方を勉強することが出来るのは、大きなメリットと言えると思います。

写真館、写真室のアシスタント

七五三、成人式、結婚式、お宮参り、家族写真等記念になる写真を撮ることがほとんどです。立ち位置を決めて、ポージングをつけ、カメラマンがすぐに撮影出来る状態にします。

撮影スタジオ同様、カメラマンによると思いますが、ライティングまで準備することもあります。

アルバイトですと、事務的な仕事が多くなりがちではあります。撮影に来られた方のコミュニケーションが大切なので、少しでも撮られる側がいい表情になるようにカメラマンのサポートをすることが多いです。

写真館では、学校の撮影を請け負ってる事が多く、卒業アルバムを作るために修学旅行、年間行事に同行します。

成人式など着物を着た場合、着物を綺麗にみせるためのポーズ等テクニック、結婚式では、ウェディングドレス姿を綺麗に残せるようなテクニックが学べるのは、メリットです。打掛などは、覚えるまで時間を要するので知っていると有利だと思います。

子供専門写真館

今回挙げた中では、一番アルバイトしやすいと思います。

ただ、アシスタントというよりは、接客業という印象が個人的には強いです。子供が好きな人には、向いているのではないでしょうか。

ライティングは決まっていることが多いので、主に子供をあやすこと、いい表情を残してあげることが重要になってきます。ご両親とのコミュニケーションも大切です。コミュニケーション能力を身につけられることはメリットと言えます。

結婚式のスナップ撮影

ブライダルカメラマンと言われている分野です。撮影に必要な機材がある程度必要になり、初期投資が高額になります。

最低限必要なものとして、

  • 一眼レフカメラの上位機種:2〜3台(メインとサブカメラ)
  • レンズ:3~4本
  • ストロボ:最低でも2台

未経験という形なので、上記のような機材を貸してくれる会社もあります。うまく利用
させてもらうのも手ですね。

メインのカメラマンについて、サブカメラマンとして仕事を覚えていく形が多いです。決して安いものではないので、アルバイトをしながら揃えてくのもいいと思います。

一人で撮影にいけるようになるまでには数か月かかります。拘束時間が長く、飲食をとる時間もないので体力勝負の世界です。また。一発勝負の世界なため、失敗は許されません。

結婚式場の方や、新郎新婦さんとのコミュニケーションも重要です。一生に一度のライフイベントに携われ、自分の作品を喜んでもらえるというのが最大のメリットです。

【スポンサードリンク】

面接を受ける際に必要なもの

面接にはポートフォリオを持っていくのがよいでしょう。ポートフォリオとは、自分の作品を集めた作品集のことです。

一眼レフもしくは同じよう機種で撮影したものが望ましいですね。コンパクトデジタルカメラ、スマートフォンで撮影したものはNGです。大きく伸ばした写真をファイリングしておきます。

スタジオでアルバイトをしたい人は、特に必要なことが多いです。どのくらいの撮影技術があるのか、どういう撮影に興味があるのか等の判断材料になります。

人物の写真には著作権があるので、被写体になった人に許可を得ておくことを忘れずにしましょう。結婚式のスナップ撮影も判断材料になるのでポートフォリオは有効だと思います。

バイトのお給料はどれくらい?

試用期間を設けている所が多いです。時給800円~が相場ではないでしょうか。

地域によっては、もっと少ないこともあったり、試用期間中はお給料が出なかったりする場合もあります。

正社員やフリーカメラマンになれるの?

アルバイトから正社員になることは可能です。はじめから正社員として雇ってくれるところもあるようです。

ある程度経験をつめば、フリーランスとして仕事をすることも出来ます。フリーランスは人脈が大切なので、アルバイト時代にしっかりと人脈を繋いでおきたいものですね。

【スポンサードリンク】

デジタルカメラがどんどん進化して、カメラマンを雇わなくともそれなりに誰でも写真が撮れるようなってきました。また、景気が良くないと広告費が削られることが多いので、必然的に撮影依頼も減ってきます。そのため、以前より求人が少なくなってきているのが現状です。

「カメラマンとしてなんとしてでもやっていきたい」という気持ちや情熱をどれだけ伝えられるかで、アルバイトとして採用されるかどうかが決まってきます。

アルバイトの時期は下積みなので、当然ながら怒られることが多いです。しっかり育ててくれる所はやはり厳しいですが、それは独り立ちするための優しさでもあります。

アルバイトの時に、「将来どうなりたいのか」を考え、得意な撮影分野を確立する準備をすることは、カメラマンとして生き残るために必須です。また、いろいろな技術を身に付け、人脈を広げることが出来れば、フリーランスになった時に大きな武器となります。

まずは自分の興味のある分野に足を踏み入れてみてはいかがですか?

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)