ネットビジネスで女性が独立するために必要な3つの心構え

ネットビジネスで女性が独立するために必要な3つの心構え

仕事をする際、年齢や環境の変化で仕事の仕方、ポジショニングが大きく変わることがあるのが女性ではないでしょうか?

女性と言っても千差万別、ひとくくりには出来ませんが、女性は結婚、出産、育児中など、仕事に対して大きな決断をしなくてはならないことが多いと、私は自分自身の経験から思います。

親の介護一つをとっても女性が担う役割は大きいのですが、だからと言ってこのご時世、専業主婦で仕事をしないという選択肢もデメリットが多い。

女性も自分の収入源をしっかりと確保しておくということは自信にもつながりますね。

外に働きに出にくい、長時間家を留守にしにくい主婦にとってはインターネットを介してのビジネス、ネットビジネスは在宅でも仕事ができるという点で好都合です。

また、「〜出来ない」、「〜しにくい」といったマイナス要因からだけではなく、今の時代にこそ、これまでの働き方の常識を変えたい、変えてみようと前向きに考えられるのも、もしかしたら女性ならではの思い切りの良さからではないでしょうか。

忙しい毎日の中でも自分自身をすり減らさず、子供を育てているならなおの事、地域社会などとの接点も失うことなく、その上でしっかりと収入を得たいと考えた時、女性にこそ、時間に拘束されず在宅でできるネットビジネスを仕事の選択肢に加えてほしいと感じています。

もう一歩踏み込んで言うと、ネットビジネスだからこそ、女性の多様な生き方を支えてくれると思います。

前置きが長くなりましたが、女性が、中でも主婦がネットビジネスで独立するために必要な3つの心構えを、ネットショップを運営している私自身の経験談として紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

時間の自由を使いこなす意志の強さ

私は結婚後も正社員として働いていました。そして子供が生まれてからはパートタイムの仕事に切り替え、数年前にネットショップを立ち上げてからは、パートと並行して運営していました。

しかしどっちつかずがストレスになり、思い切ってパートタイマーをやめてネットビジネスのみで収入を得ようと考えました。

しかし在宅になったらなったで、仕事に行っていた時はしなくてもよかった雑多な仕事が増え、毎日が家事や雑事に追われるようになり、結果時間の使い方がわからなくなってしまっていました。

今まで自由な時間にずっと憧れて来たのに、危うく自由な時間に飲み込まれそうになったのです。

それと同時に、「仕事に行きもせず、家事をこなしながらちょっとパソコンに向かって仕事をしている」という自分に罪悪感を覚えていました。

暫くしてはたと我に返った私は、これではいけないと、1週間の行動予定をルーティン化しました。家事と仕事の時間割を組み立てました。

家事というのは時間を読みにくく突発的なものも多いので、細かく分けるのではなく、

  • 月曜の午前中は必ず掃除、午後からは何があっても仕事
  • 火曜日の午前中は買出し、
  • 水曜は一日仕事(仕入)

といった大まかな枠組みを作りました。

時間に拘束されず、在宅でできるというのが主婦にとっては魅力のネットビジネスですが、時間を使いこなす意志の強さが一つ目の必要なマインドセットになります。

ネットビジネスを始めた決意を忘れない

繰り返しになりますが、私は在宅での仕事に少し後ろめたさを感じた時期がありました。それは自分が楽しい思いをしていたからです。

家族の事を気遣う余裕が出来、今までは忙しさの中で目をつぶっていた場所を綺麗に片付ける事も出来、バタバタと時間に追われておざなりにこなしてきた家事を、少し余裕を持ってこなすことができるようになった自分の生活。

こんな楽をしてしまって大丈夫だろうか?もっと苦労が必要なのではないだろうか?

でも、それは違うと思い直しました。色々な働き方、色々な収入の得方があります。今の時代は特に自由な発想が必要です。自分の選んだ仕事のスタイルに自信を持ちましょう。

考えてみれば 売り上げを上げるためには、集客するためにどんどんスキルアップをしなくてはいけないですし、売り上げが上がらなくては仕事とは言えなくなってしまいますので、決して楽なことばかりではないのです。

そして、自分がなぜ在宅でネットビジネスで収入を得ようと考えたのかをしっかりと心に留めておくことは、ネットビジネスを継続していく上での肝になります。

「なぜ」

「何にためにネットビジネスを」

ということをしっかり心に留めておかないと、時間の使い方も含めてブレてしまい、流される原因になってしまうように思います。

私の場合は、お金を得るために好まないパートの仕事を続けるより、

  • 微々たるものとはいえ以前に得た小さなキャリアを生かして、自分の好きなことを仕事にしたい。
  • もう少し家族との暮らしを丁寧に楽しみたい。
  • 地域と交わりながら、自分の好きなこと、出来る事で地域貢献がしたい。

と考えたからです。

それぞれに色々な「なぜ」「何のために」があるはずです。

朝ゆっくり過ごしたいから。毎朝、毎晩の通勤ラッシュを人生の無駄だと感じたから。
もっと単純に、ネットビジネスに可能性を感じて、賭けてみようと思ったから。

色々な面で自由なネットビジネス。だからこそ、どうでもいいように思われがちなメンタルな部分をしっかりと初めに決めておくことが必要です。

【スポンサードリンク】

継続すること

ネットビジネスにも色々な種類があります。

  • ネットオークション
  • アフェリエイト
  • ドロップシッピング
  • ネットショップ運営
  • 情報販売(コンテンツ販売)

すでに売る商品を持っている人であればネットショップが最適ですが、とりたてて技術や売るものがない人がネットビジネスを始めるには、まずアフェリエイト、ドロップシッピングなどが取り掛かりやすいと思います。もちろん、これら以外にも多くのネットビジネスがあります。

ただ、何を始めるにしても、すぐに売り上げが上がるというものではありません。リアルな環境で事業を始めるよりはリスクは低いですが、リアルでもネットでもすべきことにそうそう変わりはありません。

例えば、在庫を持たないアフェリエイトであっても、リスクは少ない分パートタイムでもらうお給料分くらいの報酬を得るにはかなり時間がかかることが常です。

ネットであるからと言って簡単に大金を得られるわけではないのです。待っていても収入は得られません。その影には、SEOなどの集客技術を取得したり、商品を販売するための膨大な作業が必要になってきます。

「こんなはずでは無かった!」と後悔することがあるかもしれません。毎月の収入に不安になるかもしれません。ご主人がいる方なら、嫌味を言われて、それこそ嫌になってしまいそうです。

コツコツとしっかり勉強もして、着実に売り上げを上げる努力を続け、少なくとも2年は続けてみましょう。もしうまくいかなかったら、何がいけなかったのか検証も必要です。

女性としての感性を活かしているか、ネットとはいえ人と人との関わりを大事にできているかなどを考えながら、2年後にもう一度、「なぜ」「何のために」を考えてみましょう。見切るのはそれからでも遅くありません。

リスクが少ない分簡単に始められるネットビジネスですが、簡単に見切ってしまう理由になってしまっては成功も得られません。

【スポンサードリンク】

ではネットビジネスで女性が成功するためには、精神的にも経済的にも独立するにはどうすればいいのか、具体的なHowToをここではご紹介していません。

でもまずは始めてみましょう。一歩踏み出してみましょう。

共働きの女性もシングルの女性も、誰かに収入を頼った状態ではなく、自分自身の収入を安定させる方法がここにあるのですから、女性としての感性を活かして、粘り強く進めていきましょう。

「必ずやり切る」

といった強い意志が、女性がネットビジネスで独立するために必要な最重要課題であると私は思います。

【女性の働き方】
女性が結婚後に仕事を辞めて後悔しがちな4つのこと
共働きで疲れた時の家事で喧嘩!夫婦で働くデメリット5つ
田村正和の娘役 勇静華がヤクルトレディに転身 給料はどのくらい?

【女性の資格・スキル】
元外資系ホテルウーマンが教える実践英語マスター術
秘書検定の難易度と試験内容。実用性はどのくらい?
整理収納アドバイザーとして仕事で収入を得る2つのケース
ホームページの作り方 初心者の女性でも簡単に作成可能!
LINEスタンプの作り方を初心者向けに!スマホで簡単にクリエイターデビュー!

【女性の独立・開業】
フリーのプロカメラマンになるには?
カメラマンのバイトは未経験でもできるの?
初心者必見!ネットショップ開業の手続きと注意点
女性こそ起業してアイディアを形に!自宅で開業した私の体験記
夢は叶う!雑貨店開業までに考える3つの大切なこと

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)