先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に

女性が結婚後に仕事を辞めて後悔しがちな4つのこと

女性が結婚後に仕事を辞めて後悔しがちな4つのこと

結婚って女性にとって今後の人生を左右する一大イベントですよね。もちろん男性もそうだとは思いますが、女性の方がその影響ははるかに大きいと思います。

男性は結婚しても家庭のために仕事を頑張って昇進するのみ。でも、女性は?

「結婚したら仕事続けるの?」
「扶養内で働くの?」
「子供はどうするの?」

など、今後の自分の人生において決めなければいけない事が沢山あります。

私も結婚前はバリバリ仕事してました。結婚後に夫の転勤が決まり、私も異動願を出して転勤先で仕事をしていましたが、しばらくしてから今度は妊娠。

妊娠してからは体調が良くなく、結局会社に迷惑をかけてしまうという思いから辞めてしまいました。今はこの生活にも慣れましたが、最初は後悔ばかり。

そこで、結婚や出産を機に仕事を辞めようかどうか迷っている女性の方々の少しでも参考になればと思い、私が仕事を辞めて後悔した4つのことをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

1:社会からの疎外感を感じてしまう

仕事を辞めて専業主婦となった最初は、正直ハッピーでした。

好きな時に寝て、好きな時に起きて。自分のペースで家事をして、ご飯や掃除も満足いくまで出来る。時間に追われるという事がなくなったので、なんて自由なんだろうと思っていました。最初の1ヶ月間は。

でも、1ヶ月経った頃から、つまらなく感じる瞬間が出てきました。仕事をしていると、人に認められたり、目標をもって取り組む事が出来たりしますよね。

仕事を辞めてしまうと、それがないんです。

美味しいご飯を作っても、掃除を頑張っても、満足するのは夫と自分だけ。もちろん、夫が喜んでくれたら嬉しいは嬉しいのですが…

とても孤独に感じたんです。一日中外に出なくても誰も困らない。いつの間にか社会からの疎外感を感じるようになりました。

毎朝早起きしてメイクして、バタバタと仕事に行っていた時が幸せだったなぁと思うようになりました。家以外の居場所があるという事に安心感がありましたね。社会と繋がっているってやっぱり大きいと思います。

2:経済的な自由がなくなり、少しの支出も躊躇してしまう

こう思う方も非常に多いのではないでしょうか。

独身だった頃は、自分で稼いだお金だから自分の好きなように、いくら使っても誰にも文句を言われない。好きな洋服を買ったり、友達と遊びに行ったり、美味しいものを食べたり。

こんな風に自由に、好きなように出来ていた事が、仕事を辞めた途端に夫のお給料だけに頼らざるを得なくなると、全く出来なくなってしまうんです。

「夫が稼いできてくれたお金を、私が好きに使って良いのか?」

と思ってしまうんですよ。私の夫は、「僕はこれだけあれば足りるから、あとは好きに使って良いよ」と言ってくれるのですが、やっぱり私は、

「私が稼いだ訳ではないのに、買えないよ〜」

と思ってしまいます。

それに、夫のお給料で当面やっていかなきゃいけないと思うと、「子供がいない今のうちに貯金をしっかりしておかないと」と、現実的に考えるようになりました。まぁでもこれは良いことだと思いますけどね。

でも、「好きに使って、ちょっと贅沢!」なんていうことが出来なくなると、やっぱりストレスはストレスですね。

【スポンサードリンク】

3:社会復帰できるか不安を感じてしまう

一度仕事を辞めると、いざまた働きたいと思った時に、

「本当に私は社会復帰できるのだろうか?」
「私を採用してくれる会社があるのだろうか?」

など、不安になりますよね。

専業主婦歴が長ければ長いほど、仕事復帰への不安は多いと思います。私も今は子供が小さいので専業主婦ですが、「いずれは社会復帰を」と考えているので、これはとても不安です。

「正社員で復帰出来るのだろうか?」
「家庭との両立は出来るだろうか?」
「専業主婦でいた私を雇ってくれるのだろうか?」

このような不安は、専業主婦をしている限りはずっと付きまといます。「仕事を辞めていなかったら、こんな風には思わなかったのかなぁ」と、後悔している一つです。

4:やり甲斐がなくなってしまう

仕事をバリバリやっていた方ほど、こう感じる人は多いと思います。

会社の仲間たちと目標をもって仕事に取り組み、目標達成して達成感を得る。やり甲斐をもって取り組むことって、大人になってからだと、仕事から得ることが一番多いと思います。

もちろん、自分で目標を立てて資格を取ろうと勉強をしたり、仕事以外にもやり甲斐を感じる事はありますが、家にいるよりも仕事にいる時間が多かった私としては、仕事のやり甲斐というのはとても大きかったです。

そして、急にやり甲斐がなくなってしまうと、「何を頑張ったらいいんだろう…」と思ってしまって、虚脱感とも脱力感とも言えるような思いを味わいました。

【スポンサードリンク】

結婚と仕事のバランスで後悔しないためには

私はどちらかというと仕事を辞めて後悔したので、また育児が落ち着いたら社会復帰したいという思いですが、専業主婦で夫を支えてる方が向いていると考える方ももちろんいると思います。

子供がいたら、女性は子供のそばにいたいと自然に思うと思いますし、結局は夫婦でよく話し合って、その家庭ごとに答えを出していくしかないんですよね。

夫婦の形は人それぞれなので、夫婦が協力し合って仕事と家事を分担するも良いと思いますし、夫が多忙なら、妻が家の事をメインに出来る環境を作らないと家庭がまわらないとも思います。

兼業主婦も専業主婦も、どちらも「家庭のために」という思いは同じだと思うので、無理なく、各家庭ごとのライフスタイルにあった方法が一番だと思います。

私も今は専業主婦ですが、子供を2人抱えての社会復帰がまず想像つかないので、お仕事をしながら子育てもされている方は本当に尊敬します。

でも、私は子供の成長を一番近くで見届けられて、今しかないこの時間を大切にしていきたいので、専業主婦になったことも、今では全く後悔がありません。いざ、社会復帰の時に中々復帰先が決まらなければ、再び後悔が再燃しそうですが…。

その時その時で一生懸命悩んで答えを出すことが、後から振り返った時に、後悔しない一番の秘訣なのではないかと思います。

【女性の資格・スキル】
元外資系ホテルウーマンが教える実践英語マスター術
秘書検定の難易度と試験内容。実用性はどのくらい?
整理収納アドバイザーとして仕事で収入を得る2つのケース
ホームページの作り方 初心者の女性でも簡単に作成可能!
LINEスタンプの作り方を初心者向けに!スマホで簡単にクリエイターデビュー!

【女性の独立・開業】
フリーのプロカメラマンになるには?
カメラマンのバイトは未経験でもできるの?
初心者必見!ネットショップ開業の手続きと注意点
ネットビジネスで女性が独立するために必要な3つの心構え
女性こそ起業してアイディアを形に!自宅で開業した私の体験記
夢は叶う!雑貨店開業までに考える3つの大切なこと

【夫婦論】
「恋人と夫婦の違い」の母に絶賛の嵐!スゴすぎる14ヶ条をリアル解説
佐藤ありさは長谷部誠の完璧主義な性格に破局せずに耐えられるか?

子育て中のイライラは旦那にあり!〜世の中のダメ夫たち〜
妊娠中や産後は旦那にイライラしやすい時期!3つの対処法
年の差婚は後悔?幸せ?メリットもデメリットも経験者が教えます!

平愛梨が長友佑都のアモーレでいるために!結婚後の女性の変化と夫に期待する事
雨宮塔子の離婚理由の真相!子供を巡り三角関係!原因は女癖?浪費癖?
小倉優子の旦那の浮気はいつから?女癖の悪さが原因でバツイチ

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

one + 9 =

Facebook

人気記事ランキング

知る活オススメ特集

ライター紹介

夏希ママ夏希ママ

千葉県在住、24歳の2児のママです。2歳の男の子と7ヶ月の女の子を育てながらライター活動もしています。出産前はアパレル業界で働いていました。
日々の子育て、本当に大変ですよね。私も悪戦苦闘の連続です。そんな大変さや苦労話、「そういう時はこうすればいいよ!」といった対処法などを、「知る活」を通じて皆さんと共有できればと思っています。

b.plinmomb.plinmom

2歳の娘の子育て真っ最中のアラフォーママです。早期教育に興味がある傍ら、節約生活で費用を工面しております。旅行が趣味で、数年前にワーホリでヨーロッパ15ヶ国を旅しました。自身の経験が読者の皆様に役立つ記事になれば幸いです。

shino6

2人の男の子の子育てに奮闘中のママです。毎日、この小さな2つの宝物と共に、平凡ながら楽しい日々を過ごしています。美容師の仕事もしながらなので本当に毎日バタバタですが、忙しいってありがたいことですね。これからも毎日笑って過ごしていきたいと思っています。

elmer11

北海道在住のアラサーママです。子どもは3人。小学2年生の男の子の双子と5歳の娘がいます。おちょっこちょいの性格のため、下の娘に怒られることもしばしば。。。そんな私ですが、自身の経験も交えて、読者の皆さんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。

七瀬 なつめ七瀬 なつめ

雑貨店を営みながら2人の子育てに奮闘しているライターです。女性が、心も体もナチュラルかつリラックスできる方法を日々研究中。お店の開業に関すること、癒し、子育て、女性のライフスタイルなどをお伝えしていきます。

土木 春菜土木 春菜

大阪府在住、1歳の娘を持つ母です。我が子とともに、失敗を繰り返しながらも、少しずつ成長する毎日を送っています。時には悩み、試行錯誤することも多いですが、ボチボチ楽しく過ごす日々です。自身の経験を活かしながら、子育てやファッションに関することなど、女性が気になる情報を発信していきます。

石井 なつ美石井 なつ美

バックパッカー、舞台女優、大手外資系ホテルマンを経て、現在アラフォーの一児の母。旅と酒とジムをこよなく愛し、デトックスとアンチエイジングに命がけの日々!最近の武勇伝はホノルルマラソン。単身渡米、しこたま呑み明かして徹夜で爆走、4時間台でフィニッシュ。座右の銘は「笑いこそ全て」「テンポが命」。ドラマティックなこととオモロイ事を求めて人生を自由に爆走中。

Aoi

0歳児の子育て真っ最中のアラフォーです。はじめてのことばかりでとまどいながらも、1日1日を大切に、頑張り過ぎない育児をしています。独身時代はカメラマンをしていました。家計節約と教育資金のために、お金の仕組み、株、資産運用について勉強を始めました。英語をもっと身につけて親子でバイリンガルを目指したいです。子育てをしながらも自分の夢を諦めない生き方を模索しています。

Yuki

もう間もなく2人目を出産予定のアラサーママです。2人の子育てという未知の生活にドキドキしている毎日です。子供を持ったことを期に、これまでの自分の不摂生を反省し、食生活に気を配るようになりました。ライターの仕事を始めて日は浅いですが、この仕事を通して自分の知識も深めていけたらと思っています。

知る活編集部

知る活編集部

当サイト「知る活」編集部です。妊娠・出産、子育て、家庭と仕事との両立、旦那様との関係など、女性ならではの様々な大変さを熟知しているからこそ、読者の皆様にお役に立つ情報をお届けしていきたいと思います。
「知る活」のキャッチフレーズは、「先人たちの知恵と経験を、あなたの生活に」。自分一人で頑張ろうとせず、頼れるものは頼る!そして人生をとことん楽しむ!人生一度きり。いつも楽しく笑っていられる日常を!

ブログランキング